2017年5月26日金曜日

2017年 液肥土耕の様子①

私たち東山ファームの今年の挑戦・試みの一つ!
液肥土耕栽培の様子をご紹介していきます。
液肥土耕栽培とは、
液肥(養液)栽培の良さと、土耕栽培の良さを兼ね備えた栽培方法です。
一番の特徴は「潅水(水やり)と施肥(肥料やり)を同時にやる」ことです。
肥料を溶かした水を運ぶのはコンピューター!
リアルタイムに土壌や栄養の状態を判断して、肥料と水を効率的にあげるのです。
メリットは「環境にやさしい」「野菜に不要なストレスをかけない」「作業コストの大幅削減」「収量増加と品質安定」等々があげられます。
しかし、まだまだ日本では技術的に成熟していないため、これらのメリットを十分に得られているとは言えないそうです。
東山ファームは挑戦します!見守っていてくださいね。

さて、今年はメロンとトマトでの試みです。
トマトはミニトマト。アンジェレという品種です。
これから時々、この液肥土耕栽培の様子を紹介していきます。
是非、ご覧くださいね♪(^^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿