2016年10月19日水曜日

【動画】【検査編】なかなか見られないお米の検査 様子をご紹介します♪

地元の方々といえでも、立ち会ったことがない人が多いお米の検査の様子。
都会に住むみなさんは一生見ることのない(^_^;)ことではないでしょうか?

今日はちょうど、コシヒカリの検査がありました。
どんな内容なのか?お米の検査の様子をご紹介します!

【ご注目!】東山ファームでは新米販売始まっています。
是非、上早川の最高の環境で愛情込めて育てたお米をご賞味ください。
5キロから通信販売しています。
→東山ファーム通販サイト

さて、今日も沢山のお米たちが出荷を今か今かと待っています。
お米を出荷するときには、事前に検査を受けて等級をつけてもらいます。
コシヒカリの場合は、1等、2等、3等、というもの。1等が一番いいんですよ。

今日、検査をしていただくのは丸山商店さん!
朝9時前、検査する準備が始まりました。 

検査では何をするか?
お米の品質を厳しく20種目ほどのチェック項目で検査します。
乾燥が適切か?収穫時期は適切か(早すぎないか遅すぎないか)?
虫にくわれてないか?色ツヤ形は?まじりっけなしか?等々…

まずは検査のためのサンプリング。袋から2箇所、下の道具でさして実物を収集します。
 サンプリングでさした穴には「検」のシールを貼っておきます。
 同時進行で検査を実施した日付印を押印していきます。
(その隣にドキドキの検査結果の等級印が押されるんですよ(^_^;))
検査が始まりました!
まずは乾燥が適切かのチェックを下の道具で実施します。湿度系みたいなもの。
サンプルを横のスライド式入口に差し込むと即%表示でチェックできるすぐれもの。
続いて品質チェック。
お気づきでしょうか?白色と黒色のトレイでチェックしています。
それぞれの色で異なるチェックをしています。
丸山さんは目視でのチェックを大切にされているとのこと。
長年の経験で細かな点も見逃しません!
結果は1等米!
一等米のハンコをご紹介します(*^^*)
1時間ほどで検査が終了しました。
丸山さんが 検査結果を記入している横では、東山ファームのスタッフが今回の結果についての意見交換中。よりよいお米を作るため、研究に余念がありません!
 検査後は事務所にて糸魚川市地域全体や全国的な今年のお米の状況について情報交換、意見交換。今年は本当に後半雨が多くて、柔らかい田んぼがとても多いですね~。その話題が圧倒的に多い今年です。
丸山さんありがとうございました!

お米の検査の様子いかがでしたでしょうか?
皆さんのお手元にお届けするお米は愛情たっぷり、そして厳しい検査を通った、自信をもって食べていただきたいお米です。これからも東山ファームのお米をよろしくお願いします。

【ご注目!】東山ファームでは新米販売始まっています。
是非、上早川の最高の環境で愛情込めて育てたお米をご賞味ください。
5キロから通信販売しています。
→東山ファーム通販サイト

0 件のコメント:

コメントを投稿